2014年01月31日

「経営者保証に関するガイドライン」

 平成26年2月1日より,「経営者保証に関するガイドライン」が適用されます。

 特に会社の再生の関係で,興味深く思っていたところ,弁護士会から,説明会参加の機会をいただきまして,行って参りました。
説明会は東海財務局で行われ,中小企業庁,金融庁などが参加して催されました。



 分かりやすくいえば,「経営者保証に関するガイドライン」の肝は以下のとおりです。

  1.  
    1.   入り口のスキーム
         会社の借り入れの際に,経営者保証を求めない方向で検討する。
    2.   途中のスキーム
            既に借り入れをおこしている会社(通常は経営者が保証人となっているケースが多い。)につき,@に準じて見直し,説明等をする。
           事業承継時も同様である。
    3.   出口のスキーム
           会社が,社会的な意味での倒産(法的にいえば,再生,破産等)の際に,必ずしも経営者の交代を求めず,経営者や保証人の責任を限定する。

これにより,経営者は個人的な重い責任を負担することが少なくなり,会社は資金調達が容易になります。
仮に会社が倒産するというときにも,経営者は再起をかけることが容易になります。


 会社の再生は,ハードルが高く,種々の方策を検討するも,結局頓挫してしまうことが多いです。
 破産により,仕切り直すことも一つの再起策として悪くないと思いますが,せっかく手塩にかけて育てた会社ですから,なんとか残していきたいものです。
まだ細部・具体的なところは未定ですが,「経営者保証に関するガイドライン」により,再起をかけることが容易になるとよいと思います。


(資料)経営者保証ガイドライン_02.jpg













posted by 水越法律事務所 at 12:54| 弁護士的情報

2014年01月25日

三人七脚

独立した際から働いていただいている事務員さんが結婚されるとのことで,新たな事務員さんを募集していました。
非常に多くの方からご応募をいただきまして,ありがとうございました。

事故があったこともあり,変則的ですが,既に採用させていただきました。
[応募された方へ]
著しく限定的な範囲でしか面接することができず,申し訳ありませんでした。
またご縁があれば,よろしくお願い申し上げます。




いままで,事務員さんと二人三脚でやってきましたが,しばらくの間は,新たな事務員さんを迎え,また,松葉杖を頼りに,
三人七脚でやっていきます。脚の数は一挙に倍以上になったので,より質の高い仕事に邁進する所存です。

未だ新人事務員さんは不慣れですが,一生懸命ですので,あたたかい目で見守って下さいませ。




image.gif
posted by 水越法律事務所 at 13:21| 事務所

2014年01月18日

松葉杖ですが,元気にやっています。

先日,大きなアクシデントに遭い,松葉杖生活になってしまいました。
命を失ってもおかしくないような事態だったので,アキレス腱切断だけで済んだのは幸運でした。
頭はクリア,アクシデントに遭ったことでよりクリアになっています。

20140118_144516.jpg

















傍から見ている限りは,松葉杖さえあれば「移動できる」のであろうと思っていましたが,想定外に松葉杖での生活は困難で,やはり,何事も経験しないと分からないものだと痛感いたしました。
これは,自分の経験もそこそこに,「経験則」(実際に経験する事柄から見いだされる法則)などという曖昧なものを不適切に振り回す司法の世界の限界を示す事実かもしれません。
どうせ裁判官は分かってくれない・・・などということになるわけですね。

ところで,私には,周期的に大きなアクシデントがやってきます。
生まれつきのWPW症候群にはじまり,盲腸腹膜炎,交通事故による頭蓋骨骨折,筆記困難になる,偽制心室頻脈・心房細動,心臓手術,そして,直近では父親が出張先で急逝。
※でも元気に充実した生活を送っています。

ここのところ,平穏な日々でしたが,やはり,人生はそう簡単に変わらないようです。

困難を打破するには,困難を真正面から受け止めて,前向きに考えるほかありません。

これは,見ていただける方へ発したメッセージのはずでしたが,計らずも,自分がその立場になってしまいました(T_T)。

アクシデントより1週間がたちましたが,松葉杖での生活,仕事にも慣れ,特に不自由なくこなせるようになりました(もちろん,皆さんの助けを借りてですが。)
むしろ,下手に移動できないため,事務所にいる時間が長くなり,また,アクシデントに対処しようとテンションとモチベーションもあがり,充実した1週間を送っています。

事務所では,これを足替わりに。記録(資料)も乗りますし,片膝を立てて乗れば歩くより早く,便利なことこの上ないです。


20140118_144815.jpg















アキレス腱が治るのはいつのことやら分かりませんが,治った時には,何かの拍子にゴルフが上手くなり,野球も上手くなっていることを期待して,筆をおきます。
posted by 水越法律事務所 at 17:08| Comment(0) | 思うこと