2015年02月28日

白か黒か

http://kazoo04.hatenablog.com/
これは面白いです。
簡単に言えば,ものを見るときに,ただただ機械的に見ているのではなく,周辺の情報とともに見ているということのようです。
物差しをどのようにに設定するかで見えるものが変わってくるのですね。


弁護士業務を通じても,この物差しの設定の仕方によって,感じ方が違うのを痛感します。

たとえば,仮に何かを失ったら,失ったところをスタート地点とした物差しでみれば,少し取り戻したらハッピー。
失う前のスタート地点を動かさない物差ししかもてない人は,少し取り戻しただけでは,満足できず…。

場合によっては,物差しが時とともに変わっていき,当初は,少しでも取り戻せればよいと考えていたけれど,上手く進むにつれて,どんどん欲が出て…というようなケースもあるように思います。

物差しの設定の仕方を変えられたらいかがでしょうか,当初の物差しを忘れていらっしゃるのでは?と進言することもあるのですが,人それぞれの脳のメカニズムの特徴みたいなものがあって,簡単には変えられないのかもしれませんね。

リンク先のドレスは,意識を変えて見てみても,白にしか見えません。
黒に見える人がいるのがにわかに信じがたいけれど,黒に見える人からすれば,白に見える人がいるのがにわかに信じがたいのでしょう。
posted by 水越法律事務所 at 21:47| 事務所