2016年01月20日

川上憲伸選手と

弁護士は,トラブルを解決する役割があります。

これを「切った張ったの世界」などというとわかりやすいようです。
もっとも,本来の意味の切った張ったとは,「切ったりたたいたりすること。転じて,暴力を伴う争いのこと」のよう(三省堂大辞林)ですので,誤用かもしれませんが。

ところで,弁護士の活動領域は,「切った張ったの世界」だけではありません。
身近なところでいうと,会社の顧問などは,必ずしも「切った張ったの世界」ではなく,もう少し前向きです。
もっとも,これも,「切った張ったの世界」を前提として,それを防いだり,避けたり,対処したりという側面があります。

もっと,「切った張ったの世界」でないものとしては,公益的活動があります。

もともと,公的な法律相談や国選弁護などは公益的活動と位置づけられていますが,近年弁護士の増加でその色彩が薄まっていると思います。

後見人や破産管財人,相続財産管理人など裁判所の監督下での活動も公益的側面があります。



もっと公益的な活動も数多くあり,弁護士会の活動がその代表例です。

我々弁護士は弁護士会に強制的に加入します。
弁護士会は,基本的に何者かに監督されることなく自治をし,そのおかげで弁護士は,自由に活動できることとなります。


私も,胸を張るような活動はしていませんが,少しだけ,弁護士会の活動をさせていただいています。


中小企業の関係とスポーツの関係,行政の関係です。

中小企業の関係は,中小企業の方が,弁護士を身近に感じられるよう,また,弁護士として,いかに中小企業の役に立つことができるかという活動をしており,ものづくりが好きな私としては大変やりがいを感じています。

行政の関係は,なかなか難しいところが多いという印象ですが,広く法的サービスを提供するためには風穴を開けていく必要があろうと思っています。

今回ご紹介するのはスポーツの関係です。


先日,貴重な経験の機会をいただき,川上憲伸選手とお話しをさせていただきました。


IMG_3959.JPG












(よい写真がまったくなかったのでぼけた写真を。写真を撮った後輩弁護士め…)
つたない聞き手にも関わらず,大変勉強になるお話しばかりで,私も聴講者も大変有意義な時間を過ごすことができました。

日本では,諸外国に比べ,プレイヤーズファーストが浸透していません。
部活などのいじめ,体罰などもそのあらわれのようです(この点は以前,元中日ドラゴンズの鈴木孝政氏にシンポジウムに来ていただきました。)。

我々弁護士側が,選手の実情をよく知り,選手にとって本当に必要なものをよく理解するようにして,選手からの信頼を得るよう努力し,なんとかプレイヤーズファーストを日本に根付かせ,日本のプロ野球の復興に関わることができれば,と思います。

川上選手は大変話もお上手で,関係した弁護士全てが,川上選手を前に,少年に戻りましたし,川上選手のファンになったと思います。

それにしても,やはり,一流のプロ野球選手って凄いなと改めて感じました。男のロマンですね。



勝手な話ですが,是非,もう一度川上憲伸選手のマウンドでの勇姿を見たいです
posted by 水越法律事務所 at 16:51| 事務所