2017年03月07日

音声入力始めました。

文字の筆記が困難であることは以前書いたとおり
ですが,今度はパソコンの文字入力に支障が出るようになってしまいました。

これも書痙というものの一種であると思われますが,詳しいことは不明です。
小学生のころに大きな交通事故にあったので,その影響かもしれません。

いずれにせよ,後ろを向いていてははじまりませんので,対処法としてリストレストというものを使ったり,3万円ぐらいする高価なキーボードを使ったりしてみましたが,いずれも用を為さなかったので,思い切って音声入力に取り組んでいます。
この記事も,音声入力で作成しています。

P_20170307_182253.jpg












慣れてくると,各操作を音声ですることができたりして,近未来的な感じです。

声を出して仕事をしていることが恥ずかしいこと以外,意外と快適です。

物事,前提を変えれば,意外と簡単に解決するものです。

文書を手で入力するなんてもはや古いかもしれませんよ。

posted by 水越法律事務所 at 16:12| 事務所