2016年03月25日

覚せい剤〜ムゲンノカナタヘ

私には何人かの師がいますが,その中の1人の方から,弁護士に成り立てのころ,いくつもの役立つアドバイスをいただきました。

たとえば,「交渉事はなめるな,なめられるな,だ。なめられてはいけないが,なめてもいけない。」というもの。最近はあまりないですが,ヤミ金との交渉などのときによく思いだしたものです。

そのアドバイスの一つに,「覚せい剤は理由を問わず駄目なんだ。理由を考えると使ってもよいという方向になる可能性があるから駄目なんだ。」というものがあります。
別に言われなかったとしても覚せい剤など使うことはないだろうし,なんだかな,というところですが,その他に応用すると役立つこともあり,やはり禁止されていることは,理由を問わず駄目なんだと考えた方が簡単だし,間違わないといえると思います。
ちなみに,いくつもの役立つアドバイスを思い出そうとしましたが,上記くらいしか思い出せません。が,たぶん理屈っぽいのが沢山あると思います(?)。


覚せい剤に話を戻すと,昨今有名プロ野球選手OBが賑わせていますが,彼も,覚せい剤が禁止されている理由を考え,自分は大丈夫だと思ったのかもしれません。
そもそも何故覚せい剤を使ってしまうのかというところですが,何件も覚せい剤事犯の弁護人をしても,明確なことは分かりません。
世間では,先の例で使用した理由を明らかにすべきである!と息巻いている方もいらっしゃるようですが,裁判でこのあたりを明確にすることは必ずしも可能とはいえません。
裁判は真実発見をも目的としますが,本当の真実は,第三者からはさっぱり分かりません。
もしかしたら,本人も分からないのかもしれません。人は忘れゆく生き物ですし,精神構造は複雑怪奇です。

ところで,覚せい剤といえば,依存性が高く,再犯の可能性が極めて高いと言われるところで,実際にもその通りであると思います。
しかし,覚せい剤事犯から再起している人方もいらっしゃいます。

たとえば,歌手の槇原敬之さんなどは,(明確には分かりませんが)覚せい剤を絶ち,成功されているように思われます。
あの「世界に一つだけの花」は覚せい剤事件の後ですし,「歌が、人の心の中で、本当の意味で必要なものでありたいと思ってから、急にすべてが変わりました。だからこそ、SMAPの歌が書けたと思う。昔、ああいう曲を書いていたら、何となく大義名分を振りかざした、流行で終わってたと思う。でも、今は心からそう思うし」(http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2005/sun051023.html)などと,うまく更生されているように思います。



そういえば,知る人は少ないかもしれませんが,同人の曲に「ムゲンノカナタヘ」という名曲(?)があり,以下の歌詞があります。


キャプチャ5.JPG














仕事柄,人の「駄目だった時」を見ることが多いですが,そんなとき望む「未来」を「思い描く」ことでなんとかなるというのは大変共感するところです。駄目だ駄目だでは何も解決せず,悪化します。どうなりたいのか,どうなるのかをイメージしなくてはなりません。

槇原敬之さんも,未来を思い描き,また,「駄目だった時のことをリアルに思い描けるその想像力」を生かして活動されているのでしょうね。
この曲が入っているアルバムは,他にもよい曲,よい歌詞ばかりです。

私も,辛いときには,なかなか司法試験に受からず,その日暮らしをしていた時のことを忘れないようにしています。


覚せい剤に限らず,過去のマイナス要素は,未来のプラス要素にもなり得ると思います。

駄目だ駄目だ,というとき,未来に悩んだときには,騙されたと思って,上記「ムゲンノカナタヘ」を聞いてみてください。

posted by 水越法律事務所 at 12:02| 弁護士として思うこと