2017年12月01日

水越法律事務所7年目 弁護士12年目〜セミは土の中で7年

本日で,水越法律事務所7年目です。
7年前の今日,水越法律事務所を開設しました。
でも,7年前であって正確には今日ではありませんので,誤用です。

弁護士として,12年目に入っています。

弁護士となり,右往左往してきましたが,ここのところ,漸く,どっしりとして安定的に業務を遂行することができるようになってきたような気がします。

成長させていただいたのは皆様のおかげでございます。これまで支えていただいた皆様に感謝の意を深く表します。


数多くやってきたのは,会社関係,交通事故,相続,破産(管財),一般民事(私人間の紛争)ですが,ゼネラリストこそ真のスペシャリストであるとの信念のもと,多分野にわたり取り組んでおります。
運動神経が良い人がスポーツ全般なんでもできるのと同様,魂がある弁護士は一定程度どの分野でも実力を発揮すると思います。

ただ,会社関係(顧問業務),IT関係,破産管財事件,後見等対立構造に基づく感情論が大きくない事件が好みです。


この先も,過去にとらわれず,未来に怯えず,今を生きるをモットーに,全力投球したいと思います。

と去年の焼き直しをさも当然のように書いてみました。
何かしら新しいことを…と7年という期間について調べてみました。

「セミは土の中で7年」というふうに言われることが多いのですが,実際に何年間もぐっているのか,実はまだきちんと確かめられているわけではありません。
だそうです。

とはいえ,7年程度土の中にいるのは事実のようです。
よく蝉は土の中で長きにわたり耐えて地上に出るも,すぐに死んでしまってはかないなどといいます。
しかし,もぐらやみみずのように一生土の中にいる生物もいるわけなので,蝉だけが可哀相なわけではない気がします。
むしろ,土の中を地上より下に見ることは不合理な差別なのかもしれません。
もっとも,地「下」だから仕方ない気もします。

いったい何を言っているのでしょうか?


access_map_026.jpg
posted by 水越法律事務所 at 19:04| 事務所