2014年05月26日

問題発生と対策


先日,自動車の鍵がなくなったかもしれない…という事態が起こりました。

実は,その翌日,今度は,自動車の鍵をインロックしてしまいました…


たまたま,前日に鍵をなくしたかもしれないと誤解したため,その日はスペアキーを持参していました。
結果として,カバンに2つキーを入れて帰宅しました。

何を思ったか,カバンを自動車内に残置したまま,寝ました。
起きました。


空しくも,自動車の鍵は,空きませんでした…


JAFに架電しました。






洗面所から自動車の鍵が発見されました(>_<)。





JAFをキャンセルしました。




疲れているのでしょうか…




こんなことでは駄目だと思い,鍵がどこにあるのかを確かめることができる機器を探しました。


●Button TrackR

http://cabin66.blog55.fc2.com/blog-entry-603.html


●Wallet TrackR
https://www.rakunew.com/items/59658

●リターンタグ
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0-01-%E3%80%90%E8%90%BD%E3%81%97%E7%89%A9%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%8B%EF%BC%81%E6%88%BB%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%EF%BC%81%E3%80%91%E8%90%BD%E3%81%97%E7%89%A9%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%83%BB%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%8C%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%80%90%E8%B2%BC%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%E7%B0%A1%E5%8D%98%E5%BF%98%E3%82%8C%E7%89%A9%E3%83%BB%E8%90%BD%E3%81%97%E7%89%A9%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%80%91/dp/B00BQ4LKT4/ref=pd_sxp_grid_pt_1_2



イマドキはGPSで探知できるのではないかと思って調べたのですが,どれも,普及しないと用を為さないようです。


でも,凄いですね。


調べていると,クラウドファンディングサイトIndiegogoを見つけました。


https://www.indiegogo.com/

これは面白い。


思わず,ひとつ投資してみました。


日本でも,このような開発促進のためのクラウドファンディングが,活性化するとよいですね。



私は,起業関係,業務展開関係の業務も行っております。
あいち産業振興機構さんでの相談は,革新的技術に関わる事項も多く,刺激をもらっています。


http://mlo.sblo.jp/article/64497271.html?1400815656
posted by 水越法律事務所 at 09:00| 人として思うこと

2014年04月30日

与沢翼氏

与沢 翼氏

本名なのかどうかも分かりませんが,密かに注目していた人物です。

ネオヒルズ族などと言われ,商材販売?で秒速で1億円を稼いでいる方という触れ込みです。

興味をもってみてみましたが,ネットでビジネスをしている割には,webの作りが甘かったり,実体がまったく分からなかったり,でも,高級外車を保有しているようで・・・という大変興味深い方です。

このたび,転機が訪れたようです。
秒殺などと批評され,少し可哀相です。


http://ameblo.jp/yozawa-blog/page-2.html


今日から無理をしてお金持ちのふりをする必要がなくなったので、楽になりました。


ですって。


なぜ,お金持ちのふりをする必要があったのかを真摯に考えて,その答を基にするとどうなるのかをみてみたいところです。

お金持ちのふりをすると,浅はかな人間がそれに群がり,実際お金持ちになるんだけど,それを維持するには,よりお金持ちのふりをする必要が出て来て・・・という循環なのではないかな,と思いますが,私のような庶民にはよく分かりません。
結局それにより富を得たとしても,人を欺いた結果にすぎないのではないか,と思いますが,誠実をモットーとする私にはよく分かりません。

でも,破産しないといっているし,崩れはしたものの,一財産を築いたわけですから,凄いです。

現時点のブログ内容からは,何か革新的なものを感じることができないのが残念なところです。


と思っていたら,




語弊があるかもしれませんが、

まじめな道でどこまでいけんるものなのかなぁ、ちょっとやってみようかな

と思ったことです。



ですって。

ということは,「まじめな道」でないことに,やはり気付いていたようですね。

でも,



私は、身勝手ですが、自分の想像しうる欲は全部経験させてもらって、
煩悩ってどういうものなのか自分なりにわかりました。



ですって。
こうやって,表面的にヒステリックな結論を採るところは,どうなんでしょうか。
作曲を偽ったら,その人の人格も作品もすべて否定されるんでしょうか?細胞があることを証明するための方法を誤ったら,街を歩けなくなるのでしょうか。



「まじめな道」であるところの正業に従事し,本当に価値のあるものを提供して,それにより収入,地位,感謝を得る,という欲は,経験したのでしょうかね?
それにより充たされる欲望は,少なくともふまじめな道による充足を遙かに上回るものであると思います。



これだけ耳目を集める彼なら,やれそうな気もします。

今後の動向に「密かに」注目です。
posted by 水越法律事務所 at 17:56| 人として思うこと