2016年03月25日

覚せい剤〜ムゲンノカナタヘ

私には何人かの師がいますが,その中の1人の方から,弁護士に成り立てのころ,いくつもの役立つアドバイスをいただきました。

たとえば,「交渉事はなめるな,なめられるな,だ。なめられてはいけないが,なめてもいけない。」というもの。最近はあまりないですが,ヤミ金との交渉などのときによく思いだしたものです。

そのアドバイスの一つに,「覚せい剤は理由を問わず駄目なんだ。理由を考えると使ってもよいという方向になる可能性があるから駄目なんだ。」というものがあります。
別に言われなかったとしても覚せい剤など使うことはないだろうし,なんだかな,というところですが,その他に応用すると役立つこともあり,やはり禁止されていることは,理由を問わず駄目なんだと考えた方が簡単だし,間違わないといえると思います。
ちなみに,いくつもの役立つアドバイスを思い出そうとしましたが,上記くらいしか思い出せません。が,たぶん理屈っぽいのが沢山あると思います(?)。


覚せい剤に話を戻すと,昨今有名プロ野球選手OBが賑わせていますが,彼も,覚せい剤が禁止されている理由を考え,自分は大丈夫だと思ったのかもしれません。
そもそも何故覚せい剤を使ってしまうのかというところですが,何件も覚せい剤事犯の弁護人をしても,明確なことは分かりません。
世間では,先の例で使用した理由を明らかにすべきである!と息巻いている方もいらっしゃるようですが,裁判でこのあたりを明確にすることは必ずしも可能とはいえません。
裁判は真実発見をも目的としますが,本当の真実は,第三者からはさっぱり分かりません。
もしかしたら,本人も分からないのかもしれません。人は忘れゆく生き物ですし,精神構造は複雑怪奇です。

ところで,覚せい剤といえば,依存性が高く,再犯の可能性が極めて高いと言われるところで,実際にもその通りであると思います。
しかし,覚せい剤事犯から再起している人方もいらっしゃいます。

たとえば,歌手の槇原敬之さんなどは,(明確には分かりませんが)覚せい剤を絶ち,成功されているように思われます。
あの「世界に一つだけの花」は覚せい剤事件の後ですし,「歌が、人の心の中で、本当の意味で必要なものでありたいと思ってから、急にすべてが変わりました。だからこそ、SMAPの歌が書けたと思う。昔、ああいう曲を書いていたら、何となく大義名分を振りかざした、流行で終わってたと思う。でも、今は心からそう思うし」(http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2005/sun051023.html)などと,うまく更生されているように思います。



そういえば,知る人は少ないかもしれませんが,同人の曲に「ムゲンノカナタヘ」という名曲(?)があり,以下の歌詞があります。


キャプチャ5.JPG














仕事柄,人の「駄目だった時」を見ることが多いですが,そんなとき望む「未来」を「思い描く」ことでなんとかなるというのは大変共感するところです。駄目だ駄目だでは何も解決せず,悪化します。どうなりたいのか,どうなるのかをイメージしなくてはなりません。

槇原敬之さんも,未来を思い描き,また,「駄目だった時のことをリアルに思い描けるその想像力」を生かして活動されているのでしょうね。
この曲が入っているアルバムは,他にもよい曲,よい歌詞ばかりです。

私も,辛いときには,なかなか司法試験に受からず,その日暮らしをしていた時のことを忘れないようにしています。


覚せい剤に限らず,過去のマイナス要素は,未来のプラス要素にもなり得ると思います。

駄目だ駄目だ,というとき,未来に悩んだときには,騙されたと思って,上記「ムゲンノカナタヘ」を聞いてみてください。

posted by 水越法律事務所 at 12:02| 弁護士として思うこと

2016年02月10日

インターネットと情報化社会と消費者被害

昨今,インターネットを利用した結果発生する,今までに無いような類型のトラブルの相談が多くなってきています。

Twitter,Facebook等のSNSの成りすまし。

webを巧みに利用した投資詐欺。

webを介して行うので,加害者が海外にいるパターンの詐欺。

オークションでのトラブル。

情報商材といわれるもののトラブル。

仮想通貨関係のトラブル。

名誉毀損,営業妨害,人格権侵害。





Twitter,Facebook等のSNSの成りすましは,財産的価値を損なうようなケースこそあまりありませんが,Aと名乗るものが実際はAでない,というのは実に恐ろしいものです。

webページは,多少の技術があれば,個人でも大企業のそれと同じような外形を簡単に作出できますので,webページを巧みに利用した投資詐欺については,信じてしまう方が愚かとは言いがたいものがあります。インターネットに慣れない高齢者の方であれば,なおさらです。

このような詐欺は,海外の人,団体によって行われることもありますが,その場合,被害回復,実態解明は著しく困難になってしまいます。

オークションは便利ですが,いい加減な個人が売主となることが多く,商品が届かない,返金もしないというトラブルが後を絶ちません。

情報商材という,いわゆるノウハウ的なものが高額で販売されています。そのノウハウが真実であれば,決して他者に販売しないでしょうけれど,真実であるとして購入してしまう人が後を絶ちません。現代版ネズミ講の様相を呈する事案も散見されます。

チェーンブロック技術を用いた仮想通貨は,将来的に国際通貨になる可能性がないわけではありませんが,現状では,魑魅魍魎。法的規制も間に合わず,今後,詐欺やトラブルの温床となりそうな気配です。

名誉毀損,営業妨害,人格権侵害は,相変わらず散見されます。ネット社会のみならず,日本国全体が,エキセントリックな反応をしがちであり,それが容認されているような現状において,今後もネットでの人権侵害は続きそうです。googleを相手にした削除仮処分手続をするなどしていますが,他方で表現の自由という大きな価値もあるため,インターネットでの人権侵害を食い止めることは難しそうです。



裁判の場面でも,Twitter,Facebook,webページ,メールが証拠として出てくる場面が著しく増えています。



インターネットは,グローバル(世界中に把握しうる),永続性(消えない),簡便性(パソコンさえあれば,いやスマートフォンからでも,容易に行為しうる。),匿名性(表面的には,誰が行為主体であるかの判別が困難。)を有しているため,簡単に違法行為が為され,その被害は莫大となるという特徴があります。



インターネットは大変便利ですが,他方で,リスクのある場面もあること,インターネットと現実社会の違いをよく認識して使うこと,などマイナス面も強く意識して使っていくべきであると思います。


(参考)掲示板に誹謗中傷を書かれた場合の対処法
http://mizukoshi.org/bbs.html
posted by 水越法律事務所 at 14:30| 弁護士として思うこと

2016年01月20日

川上憲伸選手と

弁護士は,トラブルを解決する役割があります。

これを「切った張ったの世界」などというとわかりやすいようです。
もっとも,本来の意味の切った張ったとは,「切ったりたたいたりすること。転じて,暴力を伴う争いのこと」のよう(三省堂大辞林)ですので,誤用かもしれませんが。

ところで,弁護士の活動領域は,「切った張ったの世界」だけではありません。
身近なところでいうと,会社の顧問などは,必ずしも「切った張ったの世界」ではなく,もう少し前向きです。
もっとも,これも,「切った張ったの世界」を前提として,それを防いだり,避けたり,対処したりという側面があります。

もっと,「切った張ったの世界」でないものとしては,公益的活動があります。

もともと,公的な法律相談や国選弁護などは公益的活動と位置づけられていますが,近年弁護士の増加でその色彩が薄まっていると思います。

後見人や破産管財人,相続財産管理人など裁判所の監督下での活動も公益的側面があります。



もっと公益的な活動も数多くあり,弁護士会の活動がその代表例です。

我々弁護士は弁護士会に強制的に加入します。
弁護士会は,基本的に何者かに監督されることなく自治をし,そのおかげで弁護士は,自由に活動できることとなります。


私も,胸を張るような活動はしていませんが,少しだけ,弁護士会の活動をさせていただいています。


中小企業の関係とスポーツの関係,行政の関係です。

中小企業の関係は,中小企業の方が,弁護士を身近に感じられるよう,また,弁護士として,いかに中小企業の役に立つことができるかという活動をしており,ものづくりが好きな私としては大変やりがいを感じています。

行政の関係は,なかなか難しいところが多いという印象ですが,広く法的サービスを提供するためには風穴を開けていく必要があろうと思っています。

今回ご紹介するのはスポーツの関係です。


先日,貴重な経験の機会をいただき,川上憲伸選手とお話しをさせていただきました。


IMG_3959.JPG












(よい写真がまったくなかったのでぼけた写真を。写真を撮った後輩弁護士め…)
つたない聞き手にも関わらず,大変勉強になるお話しばかりで,私も聴講者も大変有意義な時間を過ごすことができました。

日本では,諸外国に比べ,プレイヤーズファーストが浸透していません。
部活などのいじめ,体罰などもそのあらわれのようです(この点は以前,元中日ドラゴンズの鈴木孝政氏にシンポジウムに来ていただきました。)。

我々弁護士側が,選手の実情をよく知り,選手にとって本当に必要なものをよく理解するようにして,選手からの信頼を得るよう努力し,なんとかプレイヤーズファーストを日本に根付かせ,日本のプロ野球の復興に関わることができれば,と思います。

川上選手は大変話もお上手で,関係した弁護士全てが,川上選手を前に,少年に戻りましたし,川上選手のファンになったと思います。

それにしても,やはり,一流のプロ野球選手って凄いなと改めて感じました。男のロマンですね。



勝手な話ですが,是非,もう一度川上憲伸選手のマウンドでの勇姿を見たいです
posted by 水越法律事務所 at 16:51| 事務所